ツキの量と魅力の量は正比例する

ツキの量と魅力の量は正比例する

ツキの量と魅力の量は正比例する

ツキの量と魅力の量は正比例する」この法則はぜひとも知っておく必要がある。なぜなら、ツキとは人とのつきあいの場を介して、そこに発生してくる、ある種の気運のようなものだからである。

そして、好ましい雰囲気の中には、好運が育つものなのだ。魅力があるということは、より多くの人々を自分の身に引き寄せるということであり、また、それらの人々に好感を与える、ということである。

好感とは快感でもある。そして、その快感を求めて、あなたの処へ引き寄せられてくる。そして、その快感へのお礼として、「オカネ」「コネ」「昇進」「愛情」「情報」などを、あなたに支払う。これがつまり「ツキ」の正体なのである。

⇒ 引き寄せの法則

一方、次の法則もぜひ知っておく必要がある。それは「魅力の量と悩みの量は逆比例する」という法則である。悩みは「陰」であり、「寒気」である。人はこのような場所をあまり好まない。一般的に人は日だまりを求めて移動するものである。だから、人々は寒い場所を避ける。つまり、悩みを持ち、それを態度に表している人から逃げ去ろうとするのだ。

悩みが多けれは多いほど、その人の周囲には寒冷の地が築かれ、人々は去り、そして、ツキもそれに付随して去るのである。これはすなわち、次の公式を示すことになる。

魅力−悩み=ツキ

つまり、悩みが少ないほど、ツキは増すのである。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional